バナー

社会人サークルに関する発表!

私は以前、陶芸サークルに入っていました。
教育テレビの陶芸入門という番組を観て、興味を持ったのがきっかけでした。

名古屋のAGAにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

スクールではなく、社会人サークルですのでさあ皆さん、今日はお茶碗を作りますよまずはこれこれをこうしてくださいなどという、手取り足とりの教育はなくそれぞれが自分のつくりたいものを作るといった感じの基本、教育なしの放任です。

でも、何年もやっていらっしゃるベテランの方がいらっしゃるので、わからないことは聞けば教育してもらえます。

粘土を練るのは力もいるし、コツも必要で、大変な作業ですので、慣れた男性がやってくださり、それを頂いていました。

まず陶芸というと皆さん、自動ろくろを想像なさると思いますが、そのサークルには、自動ろくろは2台しかなく、毎回動かすというわけでもないので、人が少なく、自動やってみますかなどの声がかかった時にしか使えませんでした。そばで教育してもらわないと無理です。普段主に使用するのは、手びねりろくろです。
自分の手で回す、まさしく手動ろくろです。

オオサカ堂の情報を知りたい方必見です。

子どもの教育と同じく初心者はまずこちらで練習あるのみです。

皆さん、陶芸をやる時には作りたいものがたくさんあると思います。
コーヒーカップ、湯飲み、お茶碗、お皿、花瓶etc・・・。

他種類に及ぶファーストクラッシュの値段の情報はココで集まります。

何が一番作りやすいかと言いますと、小鉢です。

深すぎず、浅すぎず、いろいろなかたちありですので。

つまり花瓶などの深いものは難しいし、お皿などのまっさらなものも、作りづらいのです。


私も初めての作品は小鉢でした。
ろくろの中央にひとかたまりの粘土を置いて、左手でろくろを回しながら右手の親指と4本指で挟み、形を作っていくのです。


(右利きの人の場合)ある程度かたちが出来たら、表面をヌメ革でなだらかにしていきます。

オリジナリティに富む福岡のAGAの知識が身につきます。

上部にへこみを何箇所か入れて、さくらのかたちの小鉢にしたり一か所へこみをつけてミルク入れ風にしてみたりなど、とお好きなようにアレンジしてください。

次はそこを作ります。

お茶碗などのしたにあるあれです。


ニコスの過払いといえばこちらです。

丸くかたち作って、余分なところは削り、丸のなかにさらに丸く削って、そこに先の尖ったもので名前などを刻み込んでサインをすると自分だけのオリジナル作品さが増して素敵ですよ。

最後に釉薬をつけます。

お好みの色に染めてください。
見た目と焼き上がりの色に差がでるので、気を付けてください。


あとは焼いたら出来上がりです。

初めての作品を手にした時の感動は今も忘れません。

http://www10.plala.or.jp/hane/
http://jox.co.jp/products/diffuser/
http://www.tottorihanakairou.or.jp/site/page/hanakairou/business/pet/